サイトメニュー

美容整形を利用しよう

婦人

治療後の注意点

ボトックスでエラを小さくする治療では、治療後に1時間くらいは違和感があり1週間くらいは食べ物を噛みづらくなる場合があります。これは個人差もあるので、全くそのような症状が出ない人もいます。その他に頭痛がしたり、注射針が血管にあたり内出血したりする場合もありますが、これも数週間で治っていきます。それほど心配はいらないのですが、症状がひどくなったりした時は担当医に相談するようにしましょう。ボトックスでのエラを小さくする治療の後には、血流を良くする飲酒やサウナなどは避けることが大切です。特に、飲酒においてはボトックス注射後1日は避けて腫れがある場合、1週間くらいは避けた方が良いでしょう。サウナや長風呂は施術の当日は避けてシャワーにした方が良いです。これは注射針が血管にあった場合内出血を起こして痣になる場合があり、血流が良くなっている状態だとそれがひどくなってしまいます。また痣にはならない状態でも、血流が良すぎた時はそれが引き金になってしまい、痣になってしまいます。あまり激しい運動も控えた方が良いですが、日常生活での動作ならば問題は無いです。信頼のおける医療機関を選ぶようにします。ボトックス治療でエラを小さくしたい場合、どのような顔の形になるのかをカウンセリングで詳しく聞いた方が良いです。その他にも多少の痛みもありますから、痛みに弱い人はカウンセリングの時点で担当医に話して、麻酔を使うようにしてもらいます。医療機関によっても違いますが、麻酔を使う病院と使わない病院があります。何か不安があれば、些細な事でもカウンセリングの時に担当医に相談する事です。それで不安を取り除いた後に施術を行います。痛みは多少ありますが、我慢出来ないほどではありません。エラを小さくする治療では、痛む場所が奥歯あたりです。注射する時の痛みとボトックスを注入する時の痛みがあります。治療の流れとして電話やネットでの予約後カウンセリングを受けて納得がいけば、施術日の予約をしてボトックス治療になります。カウンセリング当日に施術する医療期間もありますが、だいたいは後日になります。なぜなら、ボトックスはボツリヌス菌から作るので保存が難しいからです。