サイトメニュー

事前に知っておこう

カウンセリング

カウンセリングと痛み

カウンセリングは事前に受けなくてはならないです。それはボトックス効果の持続性や注射の時の痛みやその後にエラの皮膚部分がかゆくなったりする場合があるなど多少の副作用についても知っておいた方が良いからです。ボトックス治療はとても安全な治療方法ですが注射の痛みはどのくらいかなども聞いておけば安心感が出て来ます。注射の痛みに弱い方はカウンセリングの段階で言っておけば軽い麻酔薬を使ってもらえます。ボトックスをエラに注入した場合など何よりも顔が変わるのでそれについてもどのように顔が変わるかを納得がいくまで詳しく説明を受けます。医療期間によって多少の違いはありますが、予約を入れてカウンセリングを受ける事になります。カウンセリングを受けて納得がいけばその後ポトックス治療を行います。当日にポトックス治療の出来る医療機関もありますが再度予約を入れて後日の治療になる事が多いです。ポットクスはタンパク質の一種ですが、ボツリヌス菌から抽出するのでこれは簡単に言えば毒にあたりますから保存が難しいからです。エラが張っていて小さくしたい時にボトックス治療を受けるとエラが小さくなり見た目も良くなります。しかし多少の痛みも覚悟しなくてはならないです。痛みとは言ってもそんな激痛ではないのですが、痛みに弱い方は麻酔クリームや保冷剤を当てるなどの処置をほどこしてもらえます。痛みの質は注射の時の痛みとボトックスを注入する時の痛みがあります。痛さは筋肉の大きさや皮膚によっても違ってきますので多少の個人差は出てきます。痛む場所はエラを小さくするためのボトックス注射の場合は奥歯付近が痛みます。しかし我慢出来るくらいの痛みですからさほど心配はいりません。注射後は人によっては頭痛がする場合があります。これも数日のうちに自然に治っていきますが痛みがひどい時は担当医に相談するのが良いです。注射した場所が痒くなったり赤くなったりする場合もあります。注射の針が血管にあたった場合内出血を起こしてしまい痣になってしまう事もありますが、1週間くらいで消えます。いずれもさほど心配の無い症状なのですがひどくなってきた時には担当医に相談すれば解決出来ます。